タグ「個人情報」が付けられているエントリー

はじめての国勢調査

| はじめての国勢調査

2010年10月1日は全国的に国勢調査らしいです.5年とか10年に1回行われているらしいです.というわけで,ぼっちのボクにとっての初国勢調査です.じゃんぱら個人情報出しまくっていきましょう!プライバシとか気にしちゃダメです!

んで.東京都にふだん住んでいる人はオンライン回答のモデル地域に設定されているらしいので,権利は最大限に活かして,ブログネタにしようかと思います.結論からいえば,あんまり無茶なことをしてないってのもありますが,結構ちゃんとした作りになっていました.

オンライン回答は国勢調査オンラインで行います.右下に「SECURED BY RSA」という表示がありますが,別にRSAのSSL証明書を使ってるわけではなく,フィッシング対策サービスを使っているそうです.ちなみに,SSL証明書はGPKIのアプリケーションCA発行のものです.

100925_e-kokusei01.jpg

サーバ証明書の確認方法が説明されたページがあり,国勢調査に同封されていたインターネット回答の利用案内にも説明されていましたが,発行先と発行者を確認するだけでは不十分です.フィンガープリントまで確認しましょう.CRYPTO 2010 rump sessionでも,そのように説明されていました.

それはそれとして,国勢調査オンラインを使ってみましょう.

100925_e-kokusei02.jpg

ステップ1で,調査対象者IDと確認コードを入力します.両方とも,同封のはがき大の用紙に書かれていました.変な見てくれですが,要するにはIDとパスワードです.しかし,なんだか説明が変です.

Q4 確認コードとは何ですか。
A 確認コードとは、調査対象者IDと組み合わせて、回答される方ご本人であることを確認させていただくための情報です。他の人があなたになりすまして不正に回答するなどの行為を防ぐために大切なコードですので、他の人に見られないように大切に保管してください。最初にお配りする確認コードは仮のコードですので、初めてログインした時に、ご自身でお決めになった新しいコードに変更してください。

Q5 確認コードは何のためにあるのですか。
A 確認コードは、調査対象者IDと組み合わせて、回答される方ご本人であることを確認させていただくための情報です。初めてログインする際に、ご自身で新しい確認コードに変更していただきます。確認コードをご自身であなた独自のものに変更していただくことにより、以降はあなた以外の方が調査対象者IDを使用することはできなくなります。万が一、何らかの理由でお使いの調査対象者IDを第三者に知られたとしても、回答データの改ざん等を防ぐために、確認コードが必要とご理解ください。

国勢調査

調査対象者IDと確認コードは同じ所に書かれているので,調査対象者IDだけが第三者に漏れるのは考えづらいです.本人がこのIDと確認コードを確認するよりも前に第三者に漏れた場合,初回ログインで確認コードを変更されてしまうので,かなりまずいことが起きそうな気がします.ちなみに,回答後でも再回答ができるようになっていますので,確認コードを安全に保管することは必要です.もしくは回答後に確認コードを無茶苦茶なものに変更しておいても良いかもしれません.

100925_e-kokusei03.jpg

回答は上記のような画面で進んでいきます.これがなかなかに使いやすいです.Javascriptが駆使されていました.ただし,jQuetyではなくprototype.jsでした.

で.Twitterでちょっとつぶやきましたが,教育の項目が正確に調査できないようになっています.別に,オンライン調査に限った話ではないですが.「現在,在学」しているかどうかを尋ねられているので,在学中にしておきました.30歳で大学または大学院に在学していながら,主に仕事をしていて,正規の職員・従業員で大学に勤務しているという,一見すると間違えてるんじゃないかと思われかねない回答になりました.

まとめ:
オンライン調査で国勢調査はさっくさく!ちなみに,www.e-kokusei.go.jpはnslookupすると211.0.129.8と113.157.238.168でwhoisすると"Oki"って文字が見えました.

引越の記録,第2弾.今度は転入転出編.まず,前提.神奈川県から転出して東京都への転入です.

まずは転出届.これは転出元の市役所に行って,手続きをします.しかしながら,最近は便利になっていて,市役所に行かなくても,郵送で取り寄せることができます.これを活用してみました.返信用封筒を同封して,その封筒には新住所を書く仕組みです.えーつまり,新しいところに引っ越す寸前に手続きをする必要がありますね.転出転入は2週間以内に行えばよいので,まぁ,この方式で大丈夫でしょう.実際には,投函してから6営業日くらいで届いたと思います.便利です.

続いて転入届.転入届は区役所に行かないとできません.委任状という方法もあるようですが,独り身なので・・・.というわけで,区役所に出向いて手続きしてきました.時期的にも時間的にも混まない時間なので,全く並ぶことなく,窓口で対応してもらいました.ここで,転出届を出して,転入届を書くわけですが,あっちこっち直されました.住所の書き方が難しいです・・・.合わせて,印鑑証明も作ります.印鑑証明は転出してしまうと失効するので,必要であれば転入先で作り直さないといけません.この手続きは簡単で,印鑑証明に登録する判子を押すだけです.知っていると思いますが,実印というのは印鑑証明されている判子のことで,あのへんてこりんな字が彫られた判子のことを実印と呼ぶわけではありません.捨て印でも実印になれますので,その辺,要注意.だから,実印って,売ってないですからね?

CA391722.jpg

で,転入手続きと印鑑証明が終わるまで,暫し待ちます.番号札440でした.3が足りないですね.見られているんでしょうか?照れます.で,これが結構待たされました.空いてるはずなのに・・・.30分程度待たされて,手続き完了です.こうして,引越の手続きは完了したのでした.

なので、メールアドレスは現時点では楽天市場に店舗を出店しているショップにはわからないようになっているはずであり、もしもショップが楽天市場ユーザーのメールアドレスを何らかの方法で知ることができるのであれば、もうそれだけで十分に大問題なわけです。

楽天市場から個人情報がスパム業者に流出か、実名の記載された迷惑メールが楽天でしか使っていないメールアドレスに届き始める - GIGAZINE

なるほどね.これはザルでした.店舗が使うのはどうなっているのか分かりませんが,専用のソフトみたいなのでメールを送れば,注文者のメールアドレスは分からなくても送れるようになっているようです.楽天のショップから届いたメールを一部伏せて載せますね.

Delivered-To: @gmail.com
Received: by 10.220.85.210 with SMTP id p18cs316855vcl;
        Wed, 13 May 2009 08:50:13 -0700 (PDT)
Received: by 10.150.153.2 with SMTP id a2mr1396018ybe.169.1242229812796;
        Wed, 13 May 2009 08:50:12 -0700 (PDT)
Return-Path: <@nifty.com>
Received: from mxtr06c.rakuten.co.jp (mxtr06c.rakuten.co.jp [202.72.52.243])
        by mx.google.com with ESMTP id 26si326091gxk.21.2009.05.13.08.50.12;
        Wed, 13 May 2009 08:50:12 -0700 (PDT)
Received-SPF: softfail (google.com: domain of transitioning @nifty.com does not designate 202.72.52.243 as permitted sender) client-ip=202.72.52.243;
Authentication-Results: mx.google.com; spf=softfail (google.com: domain of transitioning @nifty.com does not designate 202.72.52.243 as permitted sender) smtp.mail=@nifty.com
Received: from armsrb108c.ap.rakuten.co.jp (armsrb108c.ap.rakuten.co.jp [172.28.246.131])
	by mxtr06c.rakuten.co.jp (Rakuten MGw 1.3.6) with ESMTP id 71FC0F42C9;
	Thu, 14 May 2009 00:50:11 +0900 (JST)
Received: from armsrb108c (localhost [127.0.0.1])
	by armsrb108c.ap.rakuten.co.jp (8.13.1/8.13.1) with ESMTP id n4DFoBc0019064;
	Thu, 14 May 2009 00:50:11 +0900
Date: Thu, 14 May 2009 00:50:11 +0900 (JST)
From:  <@nifty.com>
To: @gmail.com
Cc: @nifty.com
Message-ID: <136026988.43371242229811384.JavaMail.javamailuser@localhost>
Subject: 
MIME-Version: 1.0
Content-Type: text/plain; charset=iso-2022-jp
Content-Transfer-Encoding: 7bit

な.CCが付けられちゃったら,すぐに分かっちゃうじゃないですかー.だめじゃーん!

最早,かれこれ1ヶ月以上も前の話ですが,引っ越しました.その記録をブログに書くことは必然なのですが,何で今頃なのかって言いますと,単純に仕事が一段落したからってことと,手続きが全て終了したからという2点.別に,それ以外の理由は見当たらない.まぁ,引っ越し自体がフィクションだとすれば,いつ書いても同じですよね.

というわけで,何回かに分けて書く予定ですが,今回は1番分量が少なくて済みそうな,免許証の記載事項変更,つまりは住所変更手続きの話です.前提,東京都に他道府県から転入です.

免許証の記載事項変更をする方法は3つあります.1つ目は転入先都道府県の免許センターで手続きをする方法,2つ目は転入先都道府県の最寄りにある警察署で手続きをする方法,そして最後は免許更新手続きの際にやる方法です.ここで,3番目の方法が良く理解できませんでした.手順としては免許更新手続きで免許センターや警察署に出向いた際に,合わせて記載事項変更を行うのですが,この場合,免許更新は転入前に都道府県でやることになるのではないかと思います.それは非常に面倒です.もしくは,他都道府県からの経由申請という方法もあるっぽいですが,余計にお金がかかるので,バカらしいです.そもそも,免許証は個人情報が満載の身分証明書として大活躍ですので,現住所が異なっていると,なにかと不便なことがあるので,速やかに変更したいものです.ていうか,速やかに記載事項変更を行わないと罰則規定があります.

(免許証の記載事項の変更届出等)
第九十四条 免許を受けた者は、第九十三条第一項各号に掲げる事項に変更を生じたときは、速やかに住所地を管轄する公安委員会(公安委員会の管轄区域を異にして住所を変更したときは、変更した後の住所地を管轄する公安委員会)に届け出て、免許証に変更に係る事項の記載(前条の規定による記録が行われる場合にあつては、同条の規定による記録)を受けなければならない。

第百二十一条 次の各号のいずれかに該当する者は、二万円以下の罰金又は科料に処する。
 第五十一条の二(違法駐車に対する措置)第十項、第五十一条の四(放置違反金)第二項、第六十三条(車両の検査等)第七項、第七十五条(自動車の使用者の義務等)第十一項(第七十五条の二(自動車の使用者の義務等)第三項において準用する場合を含む。)、第七十八条(許可の手続)第四項、第九十四条(免許証の記載事項の変更届出等)第一項、第百三条の二(免許の効力の仮停止)第三項(第百七条の五(自動車等の運転禁止等)第九項において準用する場合を含む。)、第百七条(免許証の返納等)第一項若しくは第三項、第百七条の五(自動車等の運転禁止等)第四項若しくは第六項又は第百七条の十(国外運転免許証の返納等)第一項若しくは第二項の規定に違反した者(第百十七条の五第二号に該当する者を除く。)

道路交通法

んー.なんか最近は法律を引用しまくりですね.罰金を取られるなんてバカらしいので,速やかに住所変更を行うべく,警察署に出頭してきました.

P1020410.JPG

警察署で手続きに当たって,準備するものは以下の通りです.

  1. 免許証
  2. 住民票、新住所の健康保険証、消印付はがき、住所が確認できる公共料金の領収証、外国人登録証明書等(外国人の方)のいずれか1つ。ただし、消印のないダイレクトメールや年賀状は除きます。

記載事項変更(住所・本籍又は氏名の変更の方) :警視庁

これがネックでした.引っ越しから記載事項変更手続きまで,実に1ヶ月近くかかっている理由は単純にこれです.何かって,住民票は100円くらいかかります.100円あれば,1食分です.有り得ません.新住所の健康保険証は持っていません.私の健康保険証は住所欄が空欄で,自分で書くことになっていました.そこに住所を書いたはいいんですが,書き換えるスペースが残っていないので,書き換えられません.人事課に「新しいのってもらえませんかね?」って聞いたところ,紛失等の理由でなければ再発行はできないとのこと.対応が固いですね.というわけで,保険証は未だに住所を変更していません.これはまずくないのかと思われるでしょうが,まずくないみたいです.よく分かりません.次に,消印付はがきですが,そんなものありません.ほとんどの郵便が料金後納で送られてくるので,消印がありません.例外的に消印付もないことはないんですが,大きな封書だったりするので,持って行くのが面倒です.となれば,最後は住所が確認できる公共料金の領収証です.これは1ヶ月待てば手に入るものなので,大人しく1ヶ月待ったというわけです.わかりやすいですね.貧しいですね.なお,東京都に他道府県から転入する場合,写真が必要らしい情報がありますが,平成21年1月4日から不要になっています.準備していったのに,必要なかった時のショックったらないわー.

P1020411.JPG

警察署では変更手続きの書類を書きます.署内に入ってキョロキョロと挙動不審な動きをしていると,「住所変更ですか?」と強面のマル暴っぽそうな人(偏見)が声をかけてきてくれて,書類と書き方のラミネをくれました.ここで「面会ですか?」とか「自白ですか?」って声を掛けられなかったのは,ボクの人徳の成せる業だと信じています.閑話休題.書類の書き方は簡単で,旧住所と新住所を書いて,免許証に書かれている諸情報を書くだけ.3分もあれば書き上がります.そんで,この書類と免許証(ゴールド)と住所が確認できるものとしてガス料金の領収書を強面の警察官に渡します.後は,手続きが終わるまで,お掛けになってお待ち致します.

いやー.待っている間,色んな人が来るんですよ.車庫証明とか,道路工事の許可とか,留置場の面会とか差し入れとか,接触事故の処理とか・・・.まぁ,なんつーか,みんな手慣れてますよね.面会に来た人の手慣れさ加減はどうかと思ったが・・・.世の中には色んな人がいるんだなぁ,って思った.

P1020412.JPG

待つこと10分程度でできてきました.住所を書いてハンコを押すくらいなのかと思っていたら,印刷されて出てきました.ふむ.免許証の裏面が壮絶に汚いのは気にしないで欲しい.もうすぐ更新だから汚いの!ゴールドだから,5年分の汚れなの!こうして,免許証の記載事項変更は完了したのでした.

まとめ:
免許証の記載事項変更は簡単.罰則規定があるので,やらないと不味そう.東京都内への転入には写真が不要になった.

現実逃避を兼ねて,4403さんのところを荒らしてきた.

(中略)

受理された模様.完全スルーされてた (゚д゚)

DV SSL 証明書 - Doblog - exploit -

スルーする.ブログはdomesticなのかどうか・・・.というわけで,exploitさんに現実逃避を兼ねて荒らされたので,むしゃくしゃしてSSL証明書を買った.今は反省している.記事が中途半端な内容だった責任を取って,RapidSSLを買ってみた.身を以て償いたい.などと述べている.

今回RapidSSLを購入するにあたり,利用したリセラはOnlineSSL.jpである.ぶっちゃけ,どこでも良かったんだ.海外のサイトでも良かったんだが,むしゃくしゃして買うのに,領収書は必要という現実を見た対応が日本のリセラを選ばせた.現金なもんだ.

で,申し込んでみるわけだが,早速Fxが警告を発しまくり.

090116_ssl_01.png

naoeの日記で紹介されていたSSL Blacklistが吠えまくり.

090116_ssl_02.png

これが今流行のMD5なSSL証明書ですねっ!ここは責任を取って,身を以て危険を体感してこなくては!申し込むしかねぇ!職場名義で(ぇ.

で.この手の安い証明書にありがちなドメインの所有確認ですが,メールで行われます.

090116_ssl_03.png

ドメイン名を使ったメアドを所有しているかというやつですね.これがなかなかに厳しくて,「admin@ドメイン名」を指定してきます.adminとかrootとかwebmasterとか,そんなメアドは都市伝説ですよ.作らないと思うのだが・・・.しかしながら,文句を言っても仕方がないので,admin@ドメイン名のメールアドレスを作成して,申込を行いました.

まず最初に届いたメールは,購入申込を受け付けた旨のメール.続いて届いたのは,決済完了のメール.後で述べますが,この手の商品(SSL証明書)は商品をよこすよりも先に決済をしたがります.なんででしょうか.MD5だからでしょうか.わかりません.

続いて届いたメールは,以下の内容のメール.

サイト承認メールアドレスは、レベル5までのメールドメインに対応しています。よって、サイト承認メールアドレスは、以下となります。上記メールアドレスにてメールを受信できる様に準備してください。準備ができましたら、そのメールアドレスをお知らせください。

何かと.レベル5のドメインってのは,A.B.C.D.jpって感じのこと.買おうとしたドメインは6レベルだったので,ダメだと.ダメだと言いたいらしい.そんで,どうしろっていう指示かといえば,レベル5以下のドメインで受信可能なメアドを提示しなさいと.それはどう考えても無理だろう.自分が管理するドメインよりも上位のドメイン,しかもadminやらrootやらwebmasterやら,使えるわけが無かろうに・・・.「準備ができたら」と書いてあるので,準備不能だから,黙殺しようかと思ったのだけど,それだと面白くないので,「準備できません」という旨の内容を送ってみた.この時点で解約したいとは言わない.そうすると,爆即レスが返ってくる.

サイト承認メールアドレスとして、以下のWHOIS登録のメールアドレスを指定する事ができます。

(中略)

これらのメールアドレスにてメールを受信できない場合、RapidSSL証明書の発行手続きを進める事はできません。以上です。

ご丁寧にWHOISを調べて頂いたようですが,そのメアドは情報センターの誰かのアドレスで,当然オレが使えるわけもなく・・・.「発行手続きを進める事はできません。以上です。」と強く言い切られたので,ああそうですか,という感じですね.前のメールが来た時点で,こうなるんではないかと思ったんですけどね.仕方がないので,爆即返信で,

証明書の発行手続きを進めることはできないようなので,速やかにキャンセルとしてください.

と送った.これ,15時半の話.手続きから30分くらいの話.実に迅速な対応です.さて,このキャンセルを申し出た後,どうなったか.パタリとメールが止みました.その後,就業時間ギリギリの18時に解約手続きのメールが届いたので,如何にもPCの前でへばりついて待ってたぞ!というアピールをするべく,爆即返信しました.解約できたようです.決済取消や返金のメールは届いていませんが・・・.

で.SSL証明書が必要だったのは事実なので,これでは困ります.途方に暮れていたところ,ComodoのTrialが90日使えるようなので,場つなぎには十分なので,入手してみた.こっちは難なく手に入った.ただし,シングルルート証明書ではないので,中間CA証明書を入れなくてはならない.もちろん,ルートCA証明書も中間CA証明書も発行された証明書もSHA1だったので,安心である.

で.なんでこんな話を書いているのかっていうと,むしゃくしゃしていたわけではなく,別の理由があるのです.安いからいいんじゃね?とオススメをしてしまっているFlySSLも身を以て試したので,報告したい.まず結論からいくと,ダメだここ.早く何とかしないと.何がどうだめかって?SSL証明書が手に入っていない上に,オレのクレカが失効するくらいです.ちなみに,ここもMD5なSSL証明書.

090116_ssl_04.png

FlySSLはSSL証明書を買うのではなく,SSL証明書を発行してもらうための権利を買うんです.そんで,その権利を行使してSSL証明書を手に入れるんです.まぁ,手続きの方法なんて,上手くいけば問題がないんです.だが,上手くいかなかった.表示されるエラーは以下.

090116_ssl_05.png

creditがnot enoughだと言われる.そげなこと言われても・・・.これに関する情報はここで述べられているんだが,何日待っても使えない.だって,このSSは今日現在のものだし.というわけで,サポートに対して,このエラーはどういう意味だい?っていうメールを送った.しかし返事は返ってこない.何日待っても返ってこない.何度送っても,返ってこない.

090116_ssl_06.png

24時間以内に返信するとは,片腹痛いわ!というわけで,どうしようもないので,クレカの国際決済部に応援要請を出しました.実は慣れてます.この手の海外オンライン決済で,処理を止めるとか,取り返すとか,実は2回目です.ちゃんと証拠や資料を残しておけば,比較的簡単に返金手続き等ができます.海外やオンラインで臆することなくカードを使うのは,こういう状況を知っているからです.

さて,そんなこんなで,国際決済部に「これこれこういう状況で商品を手に入れることができない.サポートに問い合わせているが一切の反応がない.Contact Usにはこのフォーム以外の連絡手段がない.このまま決済されると困る.そちらからもアクションを起こして欲しい」と申し立てました.サポートに送った内容は残しておくと,ここで役立ちます.いつ送ったかとかも大事.そんで,「それらの証拠等を全て送って下さい」と言われるので,指定されたメールアドレスにお送りしますと,内部で処理が進みます.

まず,決済の証拠を取り寄せます.この請求はどういうものなのかという証拠を取り寄せます.これに1ヶ月かかるので,1ヶ月くらい待ちます.その間,疑惑の決済は凍結され,引き落とされないようになります.安心です.で.今回の件では,証拠書類を取り寄せたが,根拠が曖昧で信用不十分と判断されました.よって,返金というか決済されないことになりました.なお,どうもこの証拠書類が相当杜撰だったようで,クレカ屋さんが気にしまくって,「カード番号を変えた方がいい」とのことで,新しいカードを送ってくるそうです.というわけで,今現在,オレのクレカは失効中です.たった$9.99なのに,なんだか大事になってるぜ.

まとめ:
疑わしいサイトはやはりMD5なSSL証明書を使っていた.安いのにはそれなりの理由がある.ある程度の安全は金で買える.クレカのサポートは皆さんが思っているよりも強力.

関連:
MD5なSSL証明書のおはなし - 4403 is written
Comodo CAがサーバ証明書を関係のない第三者に発行したらしい - 4403 is written
用途別SSLサーバ証明書を勝手にまとめ - 4403 is written
Firefox3のロケーションバーをSSL接続時にわかりやすく - 4403 is written

個人情報保護ガイドライン等に関するQ&A(リンク先はpdf)のNo.77にはこのように書かれています.

Q: 個人データが漏えい等したが、本人の権利利益が侵害されておらず、今後も権利利益の侵害の可能性がない又は極めて少ないと考えられるため、「影響を受ける可能性のある本人への連絡」や、「事実関係、再発防止策等の公表」を省略しても差し支えないと考えられる場合の例として挙げられている「高度な暗号化等の秘匿化が施されている場合」とは、どのような場合ですか。

A: 例えば、電子政府推奨暗号リスト又はISO/IEC18033に掲げられている暗号アルゴリズムによって個人データを適切に暗号化し、かつ、復号(平文化)のためのかぎ(鍵)が適切に管理されていると認められる場合など、十分な秘匿性が確保されている場合は、「高度な暗号化等の秘匿化が施されている場合」に該当すると考えられます。(2007.3.30)

復号が平文化だとしたら,その反対に位置するのは,暗号文化だと思うんだ.閑話休題.つまり,こういうことだ.

つまり“十分な秘匿性が確保されている状態”とは,

■電子政府推奨暗号リスト又はISO/IEC18033に掲げられている暗号アルゴリズムによって個人データを適切に暗号化してある
■復号(平文化)のための鍵が適切に管理されている

という条件を満たしている場合です。

ノートPC紛失! それでも「謝罪不要」なセキュリティ・レベルを考える:ITpro

だから,電子政府推奨暗号リスト(リンク先はpdf)かつISO/IEC 18033に掲げられている暗号アルゴリズムAESによる暗号化だよ.

TrueCryptはシステムドライブやパーティションなどの暗号化ボリュームを扱えるオープンソースである.早速使ってみているが,至って簡単である.楽勝です.暗号化のパスワードがポイントになりますが,パスワード以外に,キーファイルを複数指定することができるので,それを利用すると安全性が上がりそうです.USBメモリに入れて持ち歩けばいいのかな?ssh鍵を使うとかね(げふんげふん.

今現在は4GBの暗号化ボリュームを作って,そこに秘匿すべき情報を入れています.拡張子は.tcを付けるとあからさまなので,ファイルサイズを鑑みて,.isoがいいかなと思っています.システム全体の暗号化やパーティションの暗号化もできるし,囮OSやら隠しOSやらすごいこともできるようですが,そこまで気にしなくても良いかと思っています.いや,ニューマシン導入時に思い切ってやってしまう可能性もあるけど.

ちなみに,暗号化ボリュームは起動時に自動マウントして,ログオフ時に自動アンマウントできます.できますが,それじゃぁセキュリティ上は改善されていないので,ログオフ時の自動アンマウントは採用して,マウントは手動でやることに.オレッチはコマンドランチャを利用しているので,こんなコマンドラインでマウントを実現しています.

TrueCrypt.exe /v SKI2009.iso /lk /q /e

ログオフ時の自動アンマウントはログオフスクリプトを利用しています.ファイル名を指定して実行から,gpedit.mscです.後はSSのように設定してok.

090101_tc01.png

簡単だねっ!

関連:
窓の杜 - 【NEWS】システムドライブの暗号化で情報漏洩を防げる「TrueCrypt」v5.0
日本人なら知っておくべき復号化のこと - 4403 is written

People to People Communications(川崎市)は11月25日、統計データを元に作成した「疑似個人情報」の無償提供を始めた。非営利目的に限り、1人3000件まで無料でダウンロードできる。

架空の名前や住所、生年月日などで構成した個人情報リストを提供する。自治体などが公開している統計データの分布を正確に反映させており、実在の情報ではないものの「本物と区別することができないほど」そっくりだとしている。

本物そっくり「疑似個人情報」を無償提供 - ITmedia News

なるほどなるほど.これは便利そうだ.というか,面白そうだし,個人情報を扱う実験用のデータとして役立ちそうだ.疑似個人情報に含まれる項目一覧によると,姓名,生年月日,年齢,性別,既婚,住所などが使えるようだ.個人的には職業とか役職とか,属性情報が欲しいなぁって(ぇ.やっぱり統計データを基に付与するしかないのかなぁ・・・.

名簿処理などのテストデータに使う擬似個人情報は、
なんちゃって個人情報 [kazina.com] をよく使っていました。

本物そっくりの「疑似個人情報」、無償ダウンロード開始

なんちゃって個人情報の場合,携帯のキャリアとカレーの食べ方が出力されるので,属性的には面白かなって.カレーの食べ方が実用上,どのように役立つのか知りませんが.カレーの食べ方で,せき止め派,ルー攻め派,別口派ってどんな食べ方なんですかね?理解できません><.探したいんですが,ググっても,この疑似個人情報がヒットしまくって,見つかりません><.誰か!説明を要求する!

プロフィール

e-m@il @ddress